しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 犬の熱中症対策 健康管理

ちょっと待って!お散歩前の5秒チェック!!夏のお散歩と熱中症の危険

投稿日:2017年7月4日 更新日:

じめじめした梅雨が明けると、暑い暑い夏がやってきます!

私たちでもこの暑さはツライものですが、ワンちゃんたちにとって「夏の暑さ」はとっても危険!!

日々のお散歩、炎天下や熱くなった室内でのお留守番、あなたはしっかり対策できていますか??

 

 

 

 

熱中症と、症状

 

熱中症とは

【体温をうまく下げることが出来ず、臓器の動きが鈍くなる障害を引きおこす事】

ワンちゃんは汗腺が肉球にしかないため、ハッハッと舌を出して体温調節します(パンディング)このパンディングでは体温が下がらないほど熱が体内にたまり、高体温になっている状態が熱中症です。

 

症状

・体温が40~41℃以上になっている(平熱は38~39℃)

・呼吸数と心拍数が上がる

 

悪化すると・・・

嘔吐、下痢、震え、発作

という症状がみられますので、少しでも思い当たることがあれば迷わず病院へ行きましょう!

 

 

アスファルトの熱に要注意!

 

道路から照り返される熱ってものすごく暑いですよね。

私たちは靴も履きますし、日傘を差すこともできますが、ワンちゃんたちはどうでしょう?

人間よりもうんと地面に近いところを素足で歩いています。

熱されたアスファルトは肉球を火傷するほどの熱さなのです。

 

対策としてはもちろん日中を避け、早朝や日が落ちてから散歩へ行くことなのですが、もう一つ注意するべきことがあります。

真夏だと18時、19時ころから少しずつ涼しくなってきますよね。

しかし日中照らされ続けたアスファルトはなかなか冷めてはくれません。

お散歩前に一度アスファルトに5秒、手を当ててみましょう。

5秒当てて、手を放したくなるような暑さの場合は危険です。

 

 

・室内でも熱中症になります!(室内飼育の場合)

 

ワンちゃんも私たちと同じように締め切った熱のこもった部屋や車内で、室温が上昇すると熱中症にかかる可能性が非常に高くなります

風通しをよくするか、お留守番で閉め切ってしまう場合などは出来ればクーラーをつけて温度管理をすることが好ましいです。

また、新鮮なお水はたっぷり用意し、可能なら定期的に新しいものに取り換えましょう

 

 

・日除けは必須!(屋外飼育の場合)

 

可能であれば夏の間は玄関先にでも入れて避難させてあげましょう。

もちろん、どうしても難しい場合もあるかと思います。その時は日陰や風通しの良い場所を作ってあげてください。

炎天下で屋外に繋がれたままのワンちゃん。

熱中症は場合によっては死に至ることもあります

 

 

熱中症になった場合の応急処置

 

まずはワンちゃんを涼しい場所へ移動させましょう。

そして水を飲ませ、体にも水をかけ体温を下げます(内股にぬれタオルを当てるなど)

この時、氷水ですと冷たすぎて血管をの圧縮を引き起こすので水にしましょう

 

 

お散歩時にも飲み水を持っていくといいですね。

 

また、お散歩から帰ってきたときなど、あまりにも暑そうなときはスポーツドリンクを10倍程度に薄めて飲ませるのもOK

ただ濃いと糖分も塩分も摂りすぎになるので必ず薄めてくださいね

 

ペットショップやホームセンターなどにも「ペットスウェット」など、ペット用の飲料があります。

我が家で与えているのはヨーグルト風味で美味しいのか、しっかり水分を取ってくれます!

 

 

まとめ

 

熱中症対策として

・お散歩前にアスファルトを5秒触ってチェックしましょう!

・お散歩は日中を避け、早朝や日が落ちてからに着ましょう

・締め切った室内や車内、炎天下や風通しの悪い場所は熱中症にかかる可能性大!

・風通しを良くする、屋外飼育の場合は日陰を作る、可能であれば玄関先へ避難させる、クーラーをつける。

・熱中症になった場合は速やかに涼しい場所に移動し水分を取らせ、体を濡らして体温をさげる(氷水はNG!)

 

 

 

熱中症による死亡者数が増え問題になっていますが、ペットの死亡件数も同じく増えているのです。

室内飼育だから大丈夫!なのではなく、屋外でも熱中症の危険は十分にあります。

これからペットを飼う予定の人はペットの熱中症がどういうものなのか、今まで飼っている人も再度飼育環境を見直してみませんか?

飼い主の知識や管理がきちんとしていれば防げる事故ですよね。

 

しっかり理解して、ワンちゃんと一緒に暑い夏を乗り切りましょう!!

-ワンハピ, 犬の熱中症対策, 健康管理
-, , , ,

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.