しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 犬を飼う

いぬまみれ!多頭飼いの魅力♪

投稿日:

 

ワンちゃんの多頭飼い、憧れませんか?

二頭、三頭、もしくはファミリーで!?

 

ワンちゃんに囲まれた生活って幸せそうですよね。

でも大変なんじゃ… 二頭なら費用は2倍?

 

憧れるけど不安もいっぱいでなかなか踏み切れない。

つい最近まで私もそう思っていました。

 

最近二頭目を迎えた我が家の状況も合わせながら、

これから多頭飼いを始めたいと考えている方に向けた内容になっています♪

 

 

【多頭飼いと犬社会】

 

本来、犬は群れで生活する動物です

なので成長するにあたって、多頭飼いはとてもいい環境と言えます。

 

犬には犬のルールがあり、これを「犬社会」と言います。

一頭飼いでも犬社会を学ぶことはできますが、過保護に育てすぎたために自分自身を「犬」だと認識していないワンちゃんもいるんだとか。

そして、自分が群れ(飼い主含め家族)のリーダーだと思ってしまうこともあるそうです。

もちろん、飼い主との主従関係がきちんと結ばれていればそういったことはありません。

 

一方、多頭飼いのワンちゃんはこういった傾向が少なく、自分は飼い主と同じではなく「犬」と認識し、犬同士のルールで育っていきます。

先住犬と飼い主の関係を見習い、先住犬に従って育ちます。

トイレも、先住犬をまねて覚えていきます。

 

 

【メリット】

 

これは私の経験上ですが我が家の先住犬のみ飼っていた頃、とても犬見知りのする子に育ってしまい外の世界を知らない(怖がる)子になってしまいました。

これは私が過保護にしすぎたことが原因だと思います。

二頭目を迎えたときも、やはり怯えてしまいました。

ですが、さすが犬同士。

二匹でしっかりルールを作って、お互い「自分以外の犬」というものに慣れていったのか二頭とも外で極度に怖がったりせず、ほかのワンちゃんにも自ら近寄っていくまでになりました

私の場合であり、すべての方が同じではありませんが、一頭だけを過保護に育てすぎる飼い主さんって少なくないと思います。

大切に育てるのはとてもいいことです。

ですが、過保護になりすぎることで後々後悔することが出てくるでしょう。

その後悔を払いのけてくれたのが「多頭飼い」二頭目の存在でした。

 

過保護さを二頭に上手に分散する。

そして、愛情は両方に100%

 

 

【デメリット】

 

正直、デメリットはありません。

最初はデメリットもいくつか頭に入れていましたが、悪いことなんてありませんでした。

 

ただ、気を付ける面はいくつかあるので紹介していきます。

 

※先住犬の心のケア※

新しいワンちゃんを迎えることで最初はやはり先住犬のストレスになってしまうことがあるでしょう。

先住犬が「一番」であることを忘れずに

しばらく経てば、二頭で社会が出来てきますので、それまでは先住犬にストレスがかかりすぎないよう気を付けてあげてください。

 

※金銭面※

金銭面で不安があるなら多頭飼いはオススメできません。

単純に「2倍」です

先にワンちゃんを飼っている場合、後々トイレやお水が一か所でよくなったり、ケージも1個でよくなったり…とまとめることは可能ですが、やはり最初は2頭分準備したいところです。

ケージを別々にしておかないと、我が家の食欲旺盛な子犬は先住犬のご飯まで食べてしまうほどでした。

食事代、消耗品、ワクチン、トリミング、去勢・不妊手術、ペット保険等

ワンちゃんの寿命は10~16年程度、犬種にもよりますが、一生でかかる費用は健康に生きて一頭200万円ほどです

経済的に厳しくなったので飼えなくなった、と手放すなんてあってはいけないことです

飼うからには一生責任を持つ、当たり前のことですね。

 

 

【ついにお迎え!いきなりケンカ!?】

 

最初はびっくりしてお互い吠えたり怖がったりもするでしょう。

だいたい、2週間から1カ月もすればおさまります。

不安になり極度に離れた場所で飼ってしまうと、この先仲良くなるのは難しいです。

ビックリして噛みついてしまう事もあるかもしれませんので、最初は目を離して二頭で遊ばしておかず徐々に慣らしていきましょう。

 

少しずつ慣れてきますが、もちろん喧嘩(じゃて噛み合う)や、おもちゃを取りあったありしますが、これを飼い主が止めてしまうのはNG

止め続けてしまうと上下関係が決まらず両方のストレスになってしまいます

必ずしも、先住犬がリーダーでないといけないわけでは無いようです。

必要以上に犬社会に飼い主が首を突っ込まないこと、犬のことは犬に任せる!!

と、どーんと構えていましょう。

ワンちゃんの前で飼い主がおどおどしてしまうとワンちゃんも不安になります。

犬の習性として「この犬(人)についていけば安心、安全」と判断しているんですね

 

 

 

どうでしたか?新たに家族は迎えられそうでしょうか?

一頭でも二頭でも、飼い始めはやはり時間もお金もかかるのは当然ですが、いつの間にか兄弟、姉妹となって仲良く遊んでくれることでしょう。

二頭目を迎えることで一頭目がさらに愛おしくなりますし、なにより一頭では味わえない幸せもあります。

一頭でももちろん幸せ、二頭なら二頭の幸せ♪

二頭目を迎えるにあたってたくさん勉強しました。

ですがワンちゃんたちは良くも悪くも全く予想外の行動をします。

驚きと幸せの連続。

私も二頭の多頭飼いをし、彼女たちからたくさんの事を学んでいます。

 

多頭飼いの良さや悩み、学んできたことを今後も記事にしていきますね♪

-ワンハピ, 犬を飼う
-, , , , , ,

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.