しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 犬を飼う 散歩の方法や注意点 犬の知識 アリールアンドシー製品一覧 犬の散歩

散歩中によく見る野良猫や虫…。愛犬に触れさせてもいいの?

投稿日:2017年8月26日 更新日:

 

愛犬と一緒に出掛ける、散歩♪毎日の習慣ですよね。
時にはいつもと違うコースを歩いてみたり、時間帯を変えたりすると、
気分も変わりますよね。
秋には紅葉を愛犬と楽しんだり、春には桜…。

そんな楽しい散歩ですが、犬以外の動物に遭遇したことはありませんか?
野良猫や野良犬、虫など…。愛犬に接触させても大丈夫なのでしょうか?

今回は、散歩中によく見る動物と愛犬が接触しても良いのか調べてみました。

 

野良猫

野良猫は日本全国に生息しており、一度は見たことがあるのではないでしょうか。
ほとんどの野良猫は警戒心が強く、犬が近づけば逃げる事が多いですが、
中には犬に対して友好的な野良猫もいますし、威嚇し愛犬を引っ掻かくような野良猫もいます。
引っ掻かれた場合、愛犬が傷つく事もありますし、最悪その傷口が化膿する場合も。

また、その野良猫が皮膚病などを持っている場合は愛犬にうつってしまう可能性もあります。
犬だけではなく、人に感染する事もありますので注意が必要です。

接触したら必ず病気になってしまうわけではないので、そこまで注意する必要はありませんが、
攻撃的な野良猫には十分注意しましょう。

 

 

野良犬

最近の日本ではあまり見なくなった野良犬。
しかし自然豊かな田舎の方であればまだ生息しているのではないでしょうか。
野良犬の野良猫同様、警戒心が強い為、近づいても逃げてしまう場合が多いですが
中には気性の荒い野良犬もいます。
また野良犬には中型犬が多いため、小型犬が襲われると大けがをしてしまう事も。
狂犬病に感染している場合もありますので、人間である飼い主が近づくのも危険です。
一見おとなしそうに見える野良犬であっても、むやみに近づかないようにしましょう!

 

毛虫

公園などを歩いていると、よく毛虫などの虫を見かけますよね。
毛虫を愛犬が鼻でツンツン!としてしまい、焦った飼い主さんも中にはいるのでは?
しかし、犬は人間よりも検疫性が強い為、公園にいるような毛虫では
大きな病気になる事はありません。また被毛があるため、身体に触れても
特に心配する事は無いでしょう。
しかし中には、肉球付近を刺されて腫れてしまう場合もあります。
そんな時は動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

スズメバチ

人間でも怖いスズメバチ…。実はワンちゃんを襲う事もあります。
草むらにつっこんでいくワンちゃんは特に注意!
意外とワンちゃんが蜂に刺されるケースは多いんです。
スズメバチなどの毒性が強い蜂などに刺されると、
「アナフィラキシーショック」というアレルギー反応を起こしてしまう事もあります。
最悪の場合命を落とす事もありますので、蜂には接触させないようにしましょう。
万が一愛犬が蜂に刺されてしまった場合はまず針を抜き、刺された部分を冷やしましょう。
そしてすぐ!動物病院に連れて行きましょう。
蜂の活動が活発になるのは10月ごろ。散歩コースに蜂の巣がある場合は
気を付けてあげましょう!

 

マムシ

犬は動いているものを追いかけてしまう習性があります。
蛇などはすばやく動きますので、好奇心旺盛なワンちゃんは追いかけてしまい、
襲われてしまう事も。

マムシに噛まれた場合でも、命を落とすことはありませんが、
小型犬や子犬の場合、重症になる事もあります。
マムシに噛まれると腫れがひどくなりますので、
すぐに病院に連れて行きましょう。

 

イタチ・タヌキ

都会ではあまり見かけませんが、少し山の近くに住んでいると、
時折道を横切る細長い動物…イタチやタヌキを見たことありますよね。
イタチの体は小さく、犬には怖がって近づかない事が多いでしょう。
タヌキも犬を怖がってしまう事が多いようです。
しかし気を付けなければならないのは、犬が興奮して追いかけてしまわないようにする事!
すばしっこいイタチやタヌキが横切るのを見て、ダッシュで追いかけてしまうと
非常に危険ですし、犬が噛みついてしまった場合、病気が移ってしまうかもしれません。

 

ここまでは動物や虫を紹介しましたが、実は犬にとって危ない草花も多いんです。
散歩中、雑草を食べてしまうワンちゃんもいますよね。
身体に害がなければ大丈夫なんですが、中には毒性を持つ植物もありますので
注意しましょう。

ユリの花やチューリップ、菊などにも毒が含まれているので
ワンちゃんが食べてしまわないように見守ってあげましょうね。

また、散歩中にタバコの吸い殻や落ちている食べ物を拾い食いしてしまうと、
犬の身体に悪影響を及ぼします。
特にタバコの吸い殻は気を付けましょう。
拾い食いをしないように、きちんとしたしつけが必要です。

いかがでしたか?
身近な動物や花などが意外と危ないという事が分かりました。
しかし過度に不安になる必要はありません。
犬は危険な植物をかぎ分ける能力があると言われていますし、
よほどの山奥を散歩しない限り、危険な目に遭う事はないでしょう。

野良犬や野良猫に対して、愛犬が過度に反応しないように、
飼い主さんが守ってあげましょう。

-ワンハピ, 犬を飼う, 散歩の方法や注意点, 犬の知識, アリールアンドシー製品一覧, 犬の散歩

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.