しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ

【犬のシャンプー方法】自宅ででラクラク!

投稿日:2014年7月21日 更新日:

こんにちは。チワワ×ミニチュアピンシャーMixのさくらはそろそろ臭いが……
今日あたり、シャンプーしちゃいましょう!

【犬と人間、シャンプーの考え方は全然違うよ!】
人間がシャンプーをするのって、頭ですよね。でも犬のシャンプーは「全身」です。
だから単純に「シャンプー」という言葉で考えてはいけないことが分かります。

  • 人間のシャンプーは「髪と頭皮」だけ考えれば良い
  • 犬のシャンプーは「皮膚と被毛すべて」を考える必要がある

犬にとって全身を管理するものなので「シャンプーとボディソープ兼用」となります。
ちなみにチワピンさくらは皮膚の露出部分が多いです。「裸ん坊」ちゃんです…。

耳の内側や胸部、腹部の皮膚が露出しているさくらの写真

耳の内側も胸もお腹もツルツル、敏感肌。

高温多湿の今の季節は、しょっちゅうかぶれ、湿疹、赤くなったり…
皮膚をお湯で洗うのは毎日ですが、週に一回は必ずシャンプーが必要なのです。

【今回選んだシャンプーです】
今回はお肌の弱いさくらのために、ノンシリコンシャンプーを選びました。

ノンシリコンシャンプー

これ!ワンコじゃなくてシャンプーの方。

元々シャンプーにシリコンは入っておらず、入るようになったのはもちろん人間用から。
シリコンが髪をコーティングすると、さらさらツヤツヤになる!
という触れ込みで一般化しました。でも髪も地肌もシリコンコーティングすることで

  • 地肌を覆ってしまうので古い皮質や表皮が落ちにくくなる
  • 強引に表面を覆うことで、皮膚トラブルに発展する

というデメリットが発生することが分かって来ました。

また先に説明したように、犬と人間ではシャンプーの意味が違うので、
皮膚の上に膜を作るような状態にしないほうが身体には良いと思っています。
そこで、ノンシリコンシャンプーでを選んでみたというわけです!

【犬を洗う時に必要なものや気にすること】
ワンコを洗う前にアイテムを準備しましょう。

  • 犬用シャンプー(ロングコートの子はコンディショナーもオススメ)
  • タオル(身体をタオルドライするために数枚必要)
  • ドライヤー(できるだけ乾かしてあげるためにも使いましょう)

以下は気にすること。

  • 湿度が低めで天気が良い日が乾きやすいです
  • あらかじめ排水口はキレイにしましょう。毛が詰まるかも!
  • 洗う場所は自宅浴室、屋外などワンコが嫌がらない場所で

【さて、洗おう!】
1)洗面器等にシャンプーを適量入れて良く泡立てます。
今回使ったノンシリコンシャンプーは原液〜5倍希釈までOK。
さくらは肌が弱いので、小さじ1杯を4倍程度のぬるま湯で薄めました。
これをよーく泡立てます。結構フワフワになりました!

2)ワンコの身体をマッサージしながら良く濡らします。
シャワーをぬるめのお湯に設定し、指の腹でマッサージ。
シャワーヘッドを離すと水圧でワンコがびっくりするので身体にピッタリ当てて下さい。

3)泡立てたシャンプー液を頭の先から尻尾までかけます。
先ほど泡立てたシャンプー液をゆっくり背中全体にかけて行き、背中から再び優しくマッサージ。
生クリームのように細かい泡で覆われるのが理想的です。

きめ細やかな泡に包まれた背中。大成功!

きめ細やかな泡に包まれた背中。大成功!

4)液体は重力で下に落ちるので上から下へ、が基本です。
背中からお腹、脚の順に洗います。尻尾やお尻も忘れないでね。
顔は嫌がるので、手に残った泡でナデナデしました。

【すすぎが肝心、ここも優しく!】
とっても重要なすすぎは、シャンプー液が残らないように十分に行って下さい。
ここでもシャワーヘッドをワンコの身体に密着させて。
お顔は直接シャワーをかけるのを嫌がる場合は、お湯で丁寧に拭いて下さい。

※さくらはスムースコートの小型犬なのでシャンプーだけですが、
ロングコートの子はコンディショナーをシャンプー後に使って下さい。
コンディショナーは被毛だけにつけてもみ込み、十分にすすいでね。

【タオルドライは入念に。】
ワンコにプルプルしてもらい水分を飛ばしたらタオルドライ。
なかなかプルプルしない子は、耳に息を吹きかけるとやってくれます。
被毛が水分で固まらない程度まで行いたいです。

【仕上げのドライヤーです。】
ワンコが一番嫌がることが多いドライヤー…。音がうるさい上に強い風がくるから不気味なのです。
ここは手際よく、ワンコに楽しく話しかけながら笑顔で行って下さい。
飼い主さんが必死の形相になるとワンコにもバレちゃいます!コツを掴めば簡単です!

  • 熱風で皮膚や被毛が傷まないように身体から離して使ってね
  • 被毛の内側まで乾くように、毛を逆立てながらフワフワに空気を入れます
  • 首回りや後ろ足は乾きにくいので念入りに乾かしましょう
  • 顔に直接当たるととたんに暴れることもあるので気をつけて!

…以上、シャンプーの方法です。手早く効率的にやりましょう。
大型犬のロングコートなどは時間も結構かかりますが、
最初は難しくても、やればやるほど上手になるのを実感します。

今回使ったノンシリコンシャンプーは良く泡立ち、使用する量も少なくて安心です。
2キロ弱のスムースコートで小さじ1杯なので、量の参考にしてみて下さい。
洗い上がりはさらっとさわやかで、とても乾きやすいのでびっくり!
乾きやすいのはドライヤーの時間が短縮されるので、本当に嬉しいですよー。

ノンシリコンシャンプーで洗われるさくらの写真

十分に泡立ってます。頭の上がスフレです!

アリールアンドシー・ノンシリコンシャンプー
ぜひお試しあれ!

———————————
「こんなことが知りたい!」というご意見、絶賛受付中です!
会社概要→お問い合わせから受け付けてますので、ぜひご意見下さいね。

-ワンハピ
-, , ,

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.