しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

アリールアンドシーお知らせ

最近話題のサルフェートと犬用シャンプーの関係。

投稿日:

初めまして!アリールアンドシーのスタッフでワンコの健康サポートのお仕事をさせて頂いております。
今後このコーナーを担当して行きますので、よろしくお願い致します。

ワンコのシャンプーしてますか? 汚れやすいのでマメなブラッシングや 定期的なシャンプはとっても大切。 その品質も皮膚に大きく影響します!

ワンコのシャンプーしてますか?
とても汚れるからマメなブラッシング
定期的なシャンプはとっても大切。
品質も皮膚に大きく影響します!

今回のキーワードは「サルフェート」と「犬」。最近、サルフェートとかサルフェートフリーなんていう言葉を最近聞くようになりました。

  • サルフェートはデトックス効果がある
  • サルフェートフリーシャンプーは頭皮に良い

色々な情報が飛び交っていて「良いのか悪いのか」そしてその正体すらよくわからない方もいらっしゃると思います。ですのでここではその解説と、もちろんワンコのシャンプーにも大きく関係することを説明して行きますね!

【サルフェートとは「硫酸塩」のこと】
サルフェートは○○語で硫酸塩のこと。Wikipediaから以下引用します。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%85%B8%E5%A1%A9

硫酸塩(りゅうさんえん、英: sulfate, sulphate)とは、硫酸イオン(りゅうさんイオン sulfate; SO42-)を含む無機化合物の総称である。

鉱物中に含まれる重晶石や石膏などから溶け出した硫酸イオンが自然水に溶け出して、様々な「マグネシウム」や「カルシウム」などの成分と結合して硫酸塩になっている、ということで、ミネラルウォーターなどで摂取すると

  • 美容に良い
  • 利尿作用がある
  • お通じが良くなる

などなど…様々な効果が期待できる、と言われています。天然水の中では、コントレックスなどが含有成分が多い硬水として人気ですよね。また温泉水などにも豊富に含まれています。

【サルフェートフリーシャンプーとは】
じゃあサルフェートは何でも良いばかりかというとそうではないので要注意、用途が違うと効果も全く違って来ます。例えば、サルフェート入りのシャンプーは人間はもちろん、ワンコの皮膚や被毛に大きなダメージを与えます。
ここで言うサルフェートとは「硫酸塩」の一種である「硫酸系界面活性剤」のこと。
皮脂や汚れを落とすには界面活性剤は不可欠ですが、その品質はものによってまちまちです。以前こちらに掲載した記事から引用しますね。

犬用シャンプーの界面活性剤について。

  • アミノ酸系
    アミノ酸由来の洗浄剤。胴部通の細胞の元となるアミノ酸なので皮膚との親和性が高くとてもマイルド。洗浄力は弱いです。
  • ベタイン系
    天然成分からつくられた洗浄剤です。刺激が低く、人間の頭髪やワンコの被毛に柔軟効果があります。
  • スルホコハク系
    アミノ酸系等よりは若干洗浄力が高く、泡立ちも多いです。刺激もそれほど高くありません。
  • 硫酸系
    洗浄力が高く、原価も安いために、市販のシャンプーにとても多く使われています。泡立ちも抜群。しかし、実は元々台所用洗剤にも使われている成分です。
    素手で洗い物をしていると手が荒れてしまうので、あとでハンドクリームを塗ったりしますよね。シャンプーも同様に、硫酸系を使うと髪と頭皮がパサパサになるため、シリコンを使っているのです。

※これが今では問題となり、大手シャンプーメーカーの高級品では硫酸系は使わない傾向にあります。

…もうお分かりですよね。一番下の
硫酸系
の「硫酸」がサルフェートを指し、実際にこの品質のシャンプーはまだまだたくさんあるのです。
引用文章内にも書かれていますが、硫酸系界面活性剤は大変強力な洗浄力を持ち、様々な油汚れを落とすことができるので、食器用洗剤や洗濯用洗剤としても使われているのです。
シャンプーは人間を洗うものなのに、なぜ食器用洗剤などと一緒の成分なの?
と不思議にも感じますが、食器を洗う時も洗濯するときも、手で直接洗ったりしますよね。「人間の皮膚に与える影響が比較的小さい」ので、使って良いということなのです。身体を洗うものとひとくくりになっているんです。
でも、皮膚に使える中では最も刺激が大きいものであることは絶対に忘れないで下さい!皮膚をジャブジャブ洗うべきものではないのです!

【犬用ももちろん、サルフェートフリーが必須です!】
ワンコの肌は人間よりずっとずっと薄くてデリケート」というお話はここで何度もされていますがその通り、ワンコのお肌の厚みは人間の1/3程度しかなく、人間の皮脂に該当するようなものも分泌されません。実は被毛のない丸坊主の身体を持つ人間は、意外と皮膚が強いんです
一方ワンコはとってもデリケートで、服を着ていないとお散歩中にお腹回りに草かぶれや湿疹ができてしまったり、結構トラブルを抱えています。
また人間のように「自分で気づかない」ので、なおさら飼い主さんが日ごろのケアを慎重に行ってあげないといけません。そんな皮膚ですから、界面活性剤はサルフェートフリーが絶対ですし、より良いもので洗ってあげたいですよね。

【アリールアンドシーはベタイン系を使っています】
アリールアンドシーのシャンプーの界面活性剤はベタイン系です。
ベタイン…聞き慣れない言葉ですが、これは「砂糖大根」由来のアミノ酸保湿成分を指します。アミノ酸系のものと同様の、数少ない天然由来成分です。
そしてベタイン系はその性質上、被毛の補修をし、皮膚や被毛に潤いを与えるという効果(保湿効果)も認められています。
品質管理がとても厳しい化粧品にも使用されているのが、安全性を示す何よりの証拠です。

アリールアンドシー看板犬のアリエル。 すっきりするからシャンプー大好き! ドライヤーも短いから怒りません♡

アリールアンドシー看板犬のアリエル。
すっきりするからシャンプー大好き!
ドライヤーも短いから怒りません♡

アリールアンドシーのシャンプーを使ってくれたワンコの飼い主さんたち、みなさん口を揃えて

  • しっとりすべすべになった
  • きめ細やかな泡、泡立ちが良い
  • 泡切れが良い
  • ドライヤーが短時間ですぐに乾く!

って、本当に喜んで頂いております。たくさんのワンコたちがより健康な皮膚と被毛を取り戻し、飼い主さんたちも嬉しいと言って頂ける、私たちも本当に嬉しくなります。

ベタイン系の界面活性剤で ツヤツヤで柔らかい被毛と 皮膚や被毛の補修効果も! 毎日のものだから良いものを 使ってあげたいですね。

ベタイン系の界面活性剤で
ツヤツヤで柔らかい被毛と
皮膚や被毛の補修効果も!
毎日のものだから良いものを
使ってあげたいですね。

ベタイン系界面活性剤を使用しています。
アリールアンドシー:ノンシリコンシャンプー

これからも、アリールアンドシーの商品やワンコに関する様々な健康情報をお届けして行きたいと思いますので、よろしくお願い致します!

-アリールアンドシーお知らせ
-, , , ,

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.