しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 犬を飼う 準備する物・事 生活全般 犬の生活 犬の知識 犬の誤飲 ドッグフード・食べ物 その他の食べ物 犬のトラブル

えっ、そんなものまで?犬にとって危険な食べ物

投稿日:2015年11月10日 更新日:

皆さんもご存じの通り、犬は人間と違って沢山食べられないものがあります。

よく知られているものにはチョコレートや玉ねぎなどがありますよね。

しかし「えつ、こんなものが?」というものも毒になってしまうことがあるんです!

今日はどのような食べ物が犬にとって毒になってしまうのか紹介していきます。

 

【犬にとって害になる食品】

  • かなり危険な食品

ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニラなど)

カカオ類(チョコレート、ココアなど)

人間用の医薬品、栄養補助食品(サプリメント)

レーズン、ブドウ

アボカド

マカデミアナッツ

キシリトール

 

キシリトールはガムの人工甘味料として代表的なものにはガムやグミ、チョコレートや歯磨き粉などに使われていることもあります。人にとっては虫歯予防にもなるよい食品ですが、犬にとってはミルクチョコレートの100倍もの毒性がある事が分かっています。

最近ではキシリトールによる中毒事故が増えていて、酷い場合では死に至る事もあるようです。

 

  • 危険な食品

ニンニクを含むもの

貝類

スルメ

アルコール

カフェインを含むもの

犬にお酒やコーヒー等をあげようという方はいないかもしれませんが、スルメくらいならそんなに危険な気がしないし…と思ってしまいそうです。

 

 

【どんな症状がでるの?】

これらの食品を摂取してしまうと、おう吐や呼吸困難、けいれんや昏睡状態などに陥って、場合によっては死亡してしまうこともあります。

どこのご家庭にもあるような物ばかりなので、愛犬を屋内で放し飼いにしている飼い主さんは特に注意してほしいと思います。

特に子犬のうちは何でも拾い食いしてしまいます。うちの犬もそうですが、子犬は何でも喜んで口に入れて飲み込んでしまうので本当に恐いです。

 

【もし誤って食べてしてしまったら】

飼い主さんが見ている前で食べてしまった場合はすぐにかかりつけの獣医に連れていきましょう。

もし外出中などに誤って食べてしまい、後から症状が出ていることに気付いた場合も気付いた時点ですぐに病院へ。夜間に症状が出る場合もあるので、夜間診療してもらえる病院をあらかじめ調べて電話番号などを控えておくと安心です。

 

【誤飲を予防しよう】

届かないだろうと思って置いておいた物をジャンプして取ってしまうこともあるので、ジャンプしても届かない高い場所に置くようにしたり、ゲートなどで危険な場所には立ち入れないようにするなど工夫をしましょう。

 

食事中に可愛い顔でこちらを見てくる犬の誘惑に負けずに、なるべく人間の食べ物はあげないようにした方が良いのかもしれませんね。

-ワンハピ, 犬を飼う, 準備する物・事, 生活全般, 犬の生活, 犬の知識, 犬の誤飲, ドッグフード・食べ物, その他の食べ物, 犬のトラブル
-

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.