ワンコの1年、ワンコにとって悔いのない健康な1年を来年も過ごさせたいですね

もう数日で2016年も終わろうとしていますね。

歳を重ねると1年、いや5年間なんてアっという間に過ぎていくと、誰かが言っていました。

今、まさにそれを実感しています。

 

うちにやってきてから10年、うちの犬は幸せだったのか、私達の生活、忙しく1日はあっという間に過ぎてしまいます。

それは、ワンコにとっても同じ、犬の1年は私達の1年間よりずっと早いスピードで進んで行っています。

1カ月にすると人間の数か月分も過ぎたのと同じなんですね。

一時も無駄な時間はないのです。

【犬の年齢】

%e7%8a%ac%e3%81%ae%e5%b9%b4%e9%bd%a2

こうやってみると、一概に何歳だから人間でいうと、××歳なのね、と言いきれるものではないようです。

種類、大型か小型にもよります。

でも、これだけはいえるでしょう。

まちがいなく、犬は私達人間より早く天国に召されるということです。

犬の1カ月は人間の4倍で進み、老いていくのです。

1日たりともそのスピードを落とすことはできません。

その間に何をしてあげられるのか、喜んでもらえるのか、どうやって遊んで楽しんでもらえるのか・・・

 

犬は、たとえどんな酷いしうちをされていても、その犬にとって飼い主が一番大好きなんです。

最期のときまで飼い主が大好きで信じているのです。

 

もし、なんらかの病気で余命が決められていても犬は、一生懸命生きて飼い主を信じ、愛されることを望んでいます。

憎むということばは、犬の心の中には存在しないのです。

どの犬と相性が悪い、ちょっと嫌いだなという感情はありますが、基本「憎しみ」はありません。

そんな「けなげ」に、ただ飼い主と家族だけを想い向いて生きる生き物なんです。

 

待つことが大好きで、飼い主の帰りをひたすら待つのが犬という生き物。

近所のお友達のところの犬は、お父さんが亡くなっても、いつもの帰宅の時間には玄関で待っているそうです。

 

今年、いろいろな出来事がありました。

人が人を憎しみあい殺し合いという戦争、悲惨ですよね。

そこから何も生まれてはこないとわかっていても、人間は戦争をする。

 

だいぶ前にこんな映像を目にしました。

外国のことでしたが、道路で事故に遭い息を引き取ったパートナーの犬、そしてそのそばを離れない一頭の犬。

そのままにしておけば、後続の車にひかれてしまう、これ以上無残な姿にしないでと言わんばかりに、横たわったそばを離れようとしません。

もう動かない犬を必死に守って離れない、その犬からのメッセージが伝わってきました。

 

私達もこんな風に生きられるだろうか・・・

愛犬が、私達家族の腕の中で息を引き取る、それが飼われていた犬にとって幸せなこと、家族に見守られて天国に召されること、これが犬の幸せなんです。

これからも見守っていかなければ。

 

 

この記事の著者

Yasutake

Yasutakeドッグライフアドバイザー

犬は、小さなころから大好きでした。今までに4頭ほど飼っていました。特に現在、飼っている犬は、アレルギー体質のため、フードはアレルゲンカットのもの、おやつには手造りの野菜で作って食べさせています。

病院での診察回数も多く、犬の病気の書籍やアレルギー対策の食事の本を参考にしながらの毎日です。子宮蓄膿炎で、手術も経験しそれなりに病気の初期症状の発見や対応の仕方もわかりました。

私達家族と幸せに暮らせるhappy lifeを目指していきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る