しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 生活全般

犬が見えている世界は?テレビはコマ送り!?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

犬は、どんな風に私達のことが見えているんだろう?

そう思ったことはありませんか?

私達、人間は様々な色を認識することが出来ますね。

犬は、私達人間と同じように見えているのでしょうか?

今回は『犬の視覚』についてお話します★

犬の視界の範囲は250度~270度!

私達人間の視覚の範囲は180度です。

なので、自分では頬の辺りからは見えませんね。

犬の場合は人間より広い250度~270度の視野を持っているので、耳の付け根の手前までは見えています。

後ろからちょっかいを出そうとしても、すぐにバレてしまうのはこのためです(笑)

 

 

犬が見ている世界は、グレースケール。

私達人間が見ている世界は、色とりどりですね!

ですが、犬は人間と同じように見ても、グレースケールなのです。

その中で、黄色と青色は識別が出来ます。

赤や緑は識別が出来ず、濃いグレーだったり、黄色だったり、青色に見えています。

例えば、一面のチューリップ畑は全て黄色く見えているのです。

ですので、しつけをするときに、このことを覚えておくと便利です。

おもちゃを選ぶ時も、なるべく黄色や青色の方が、犬にとっては見えやすいかもしれませんね☆

暗闇でも見えている!

犬は人間と違い、少ない光の中でも見えています。

これは、網膜の裏にタベタム層と言うものがあり、光の増幅をさせているからです。

よって、人間が必要とする1/4程度の光でも充分なのです。

また、このタベタム層があることにより、写真に写った時、赤目になります。

写真で赤目を防ぐには、部屋の明かりを付けて、充分に明るくしてからにしましょう。

 

 

視力は人間で言う0.3未満程度…しかし動体視力がすごい!

犬は視力があまり良くなく2,3メートル先のものは、ぼやけてしまいます。

また、70センチ以内と言う近い距離も、ぼやけてしまうのです。

そんな視力で、どうやっておもちゃを追いかけたりしているの?と思いますよね!

実は、犬は視力は悪くても、動体視力がすごいのです!

犬の動体視力がどれぐらいいいかを、分かりやすくお伝えします。

皆さんテレビって見ますよね!

私達には映像として滑らかに見えていますよね。

実は犬は、あの映像が全て「コマ送り」で見えているんです。

また、1キロ程離れた場所でも、動く獲物は見えているのです!

ハウンド系の犬や、牧羊犬ならば、更に1.5キロ先のものでも動くものは見えているのです。

キャッチボールや、フリスビーなどの遊びは、犬の動体視力の現れですね!

愛犬の視覚の健康のためにも、取り入れたい遊びですね☆

犬の視覚は人間とは全くの別物でしたね!

案外、知られていることが少ない、犬の視覚。

識別できる色や、動体視力の良さを覚えてあげていると、遊びや生活にも役立てることが出来ます。

また、犬は視力に頼らずとも、立派な嗅覚と聴覚を持ち合わせています。

犬種によって視覚、聴覚、嗅覚、それぞれ様々な傾向もありますので、愛犬の犬種のルーツを探っていくことも楽しいのではないでしょうか♪

 

 

-ワンハピ, 生活全般
-, , ,

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.