しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

化粧品原料素材事典

セラミド|化粧品原料素材

投稿日:2014年1月5日 更新日:

セラミドとは?

角質細胞間脂質を構成する成分の一つで、角質層の全脂質の40~65%を占める。スフィンゴシン骨格に長鎖脂肪酸がアミド結合した中性脂質分子の総称で、6タイプのセラミド分子から構成されています。

セラミド1

セラミド1は多層2重層の細胞間脂質の結合を強化することで知られております。セラミド1の不足は角化症、魚鱗鮮、アトピー性皮膚炎に関係すると言われております。皮膚の弾力性や細胞間の結合性の改善作用があり、老化した肌、乾燥肌向けのスキンケア製品に使用されております。

セラミド3

皮膚に存在するセラミドと同じ構造を持つ、バリア機能回復効果のあるセラミド成分。皮膚のバリア機能を改善し、長時間水分保持機能を持続させます。外界からの刺激から肌を保護するために、また痛んだ髪やぱさついた髪を改善させる目的で使用されております。

セラミド6Ⅱ

皮膚の落屑(角片がアカとなり剥がれ落ちる)を促進する作用を有し、皮膚をなめらかに柔軟にします。

フィトスフィンゴシン

フィトスフィンゴシンは、セラミドを構成するスフィンゴシン塩基の一種である。角質層中に遊離の状態で存在しています。プロテインキナーゼCを阻害し細胞の老化を制御する働きがあります。皮膚でのセラミド合成を促進し、抗炎症効果、抗酸化効果、抗菌剤として働くことが知られております。

 

アリールアンドシー製品では、セラミド(セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、
フィトスフィンゴシン)は、「角質層のバリア機能・保湿、肌荒れ防止、
被毛の痛み改善」などの効果を期待して、下記製品に配合されています。

S°11 ノンシリコンシャンプー

T°23 ボリュームアップトリートメント

T°24 ナリッシングトリートメント

-化粧品原料素材事典
-

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア , 2017 AllRights Reserved.