しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 犬を飼う 犬の生活 ペット保険会社

ペット保険て、どんな内容なの?

投稿日:

今回は、「ペット保険」についてお話させて頂きます。

大切な大切な家族である愛犬が、怪我をしたり病気になったら・・・考えたくなくても、一生に少なくとも1度は病院にお世話になるでしょう。

病院はタダではありません。そして、治療費は結構なお値段です。

勿論、保険に加入する代わりに、愛犬の為に「ペット貯金」をしている方もいらっしゃるでしょうし、自然治療を好む方もいらっしゃいますので、あくまで、ペット保険が気になっている方に向けて、発信させて頂きますね。

 

では、保険にはどんな保障があるのでしょうか?

○通院・入院・手術を保障

○日数制限、回数制限がない

○保障割引は、会社により、50%、70%、90%など、選べる

○相談窓口があるところもある

 

上記は、一例ですが、保険会社によって、独自の保障を設けているところがありますので、ご自分の愛犬の状態にピッタリな保険を選んであげると良いでしょう。

幾つか、チェックしておきたいポイントをあげさせていただきます。

[特約について]

○ガン手術保険金特約

○ペット倍賞責任特約

○葬祭保険金特約

○セレモニー費用特約

○火葬費用特約

○高度後遺症障害保険金特約

○ペット用車イス費用特約

愛犬の様々な悲しい事態でも、いざというとき、お金の心配をしなければならず、愛犬の事を考える余裕がないなんて事になりたくありません。上記の事にも対応してもらえる保険に入っていると、安心かもしれませんね。

 

但し、加入するには、条件もあります。以下は加入出来ない例です

○ペットの種類

・家畜である

・盲導犬、聴導犬

・犬、猫以外の動物

○年齢について

・生まれてすぐの子

・保険会社が規定する年齢を越えている

保険会社によって、加入条件が異なることもありますので、確認が必要でしょう。

 

また、加入しても、以下の場合は、対象外になりますので、注意が必要です。

○戦争など

○自然災害による場合

○故意によるもの

○出産、避妊、不妊

○ワクチン、予防注射など

○マイクロチップ

○トリミング

○ホメオパシー、中医学、アロマセラピーなど

○感染症

○カウンセリング

○ペットホテルでの預かりなど

上記は、一例ですが、加入前に対象外となる場合をキチンと把握していないと、後から焦ってしまうことになりますので、ご注意を。

DSC_1368

さらに、選ぶポイントの1つに、犬種や愛犬の持病などを考慮し、それらに特化した保険会社を選ぶこともお勧めです。

例えば・・

皮膚病の子の場合、一週間に一回の薬湯・注射・薬などが必要な事があります。そうなると、1回の通院で、約15000円くらいかかります。

毎週この金額を支払うのは、お金持ちでない限り、飼い主が水だけで暮らしていかなければならない、非常事態です!

そんな時、保険に入っていると、多少負担が軽くなり、どうにか暮らしていかれるでしょう。

ただし、ここで、保険会社を選ぶポイントなのですが、回数制限がある場合、毎週のように通院していると、直ぐに制限がきてしまうのです。

持病などで、長期治療が必要で、1年に何度も通院するような場合は、[回数制限がない]保険を選ぶのが大切です。

また、犬種によって、かかりやすい病気がありますよね、

○ヘルニア

ダックスなど

○目の病気

シーズー、狆、パグなど

○皮膚病

シーズー、フレンチブルドッグなど

○胃捻転

レトリーバーなど大型犬に多いそうです

かかりやすい病気などがわかっている場合、長期治療が必要か、手術が必要かなどを考え、回数がかかる病気なのかや手術になりそうかなど、愛犬の病気に役立ちそうな保険を選ぶことが必要ですね。

 

大型犬の手術の場合、百万円近くかかったという人がいます。誰でもが払える金額ではありませんよね。でも、大切な愛犬の為には出来るだけのことをしてあげたい。

保険に入ることが全てではありませんが、治療費が支払えず、悲しい決断をしなければならない人もいるでしょう。そんな悲しいことはありませんよね。

ケガや病気をしないのが一番なのですが、生きている限りそれらはつきものです。人間と同じように病院にかかる必要があるのですが、ワンちゃんの薬も治療費も安くなく、気軽に病院にかかることは出来ませんが、人間と違って、言葉が話せませんので、嘔吐、下痢、血便など、体調不良の場合に、痛いのか苦しいのか、自然治癒出来るのか、飼い主で判断しづらく、結局、動物専門の先生に診察してもらうしかないのです。

人間も寿命が伸びているように、ワンちゃんの寿命も昔と違い、食事や生活環境が良くなり、伸びています。そうすると、勿論、病気などで長期治療になることも多くなります。長く一緒に暮らすためにも、キチンと治療してあげたいですね。

 

自分自身、先にも述べましたが、皮膚病で毎週もしくは2週間に一度、通院させているのですが、先住犬が加入している保険と同じ保険に入れた後輩犬が、重度の皮膚病持ちの子で、先生からは、完治することは無いので、月に1度の通院くらいになる事はあっても一生治療が必要だと言われ、実際に、加入している保険は回数制限があり、毎週は家計が追い付かないので、先生に相談して、今回は薬を減らすとか、今回は薬湯は省くなど、工夫してもらっていますが、うちの場合は、保険に入っていなかったら、毎週通院は死活問題でした。

大切な愛犬と長く一緒にいるための、ひとつの手段として、保険に入ることも考えてみるといいでしょう。

ケガや病気に負けず、愛犬との、幸せなペットライフをお過ごしくださいね。

-ワンハピ, 犬を飼う, 犬の生活, ペット保険会社
-

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア , 2018 AllRights Reserved.