愛犬とお出掛けしよう! ~ドッグラン編~

今日は愛犬とお出掛け第2弾、ドッグランへ行こう編です。
旅行、カフェと来れば、一番オーソドックスなドッグランを外すことはできません。ドッグランへ行ったことのある犬飼さんは割と多いのではないでしょうか。
最近は室内犬が増えて、運動は散歩の時だけ…ってことも多いかもしれません。せっかく犬に生まれたのだし、広い芝生の上や土の上を思いっきり走らせてあげたいですよね!

そこで今日はドッグラン初心者さんの方のために、安心ドッグランデビューを飾るためのグッズや用意、マナーなどをご紹介します!


【ドッグランへ行く前に準備しよう】

ドッグランへ行く前に必要なものを準備しましょう。特別なものは必要なく、基本的に毎日の散歩で使っているグッズを持っていきましょう。

 

持っていくもの

リード
ウンチ処理のためのティッシュ
ビニール袋
おやつ

水飲み用のボウル

 

あると便利な物

ロングリード
いきなりノーリードで遊ばせると他のワンちゃんとのトラブルの元になることがあるので、最初はロングリードに繋いで遊ばせましょう。

迷子札
万が一、ドッグランの外へ出て行ってしまった時のために、首輪に住所や飼い主さんの名前、電話番号を書いた迷子札を付けておくと安心です。

タオル
体を土に擦りつけたりして汚れてしまった時にタオルがあると便利です。

 

【ドッグランで守りたいマナー】

ドッグランは沢山の犬たちがいる、愛犬にとっての社交の場。
その分トラブルも起こりがちです。どんなことに注意しないといけないのでしょうか?

愛犬から目を離さない
初めての場合はできるだけ平日に
他の犬の動向にも気を配る
何か不安な事があればドッグランを出る
「オイデ」と言ったら愛犬を呼び戻せるように訓練しておく
排せつ物は必ず処理する
攻撃的な愛犬の場合はドッグランを利用しない
ドッグランに入る前に、柵の手前から中の犬に挨拶をする

自分たちがマナーを守っていても、一組でもマナーを守れていない人がいればトラブルの元になります。マナーを守れていない人がいれば、その動向に注目し、場合によってはドッグランから出ましょう。

特に大型犬の場合、マナー守れないと小型犬に噛みついて怪我をさせてしまったり、人が襲われることも十分に考えられます。トラブルの元になりそうな事を見つけたら、なるべく早くドッグランから出ましょう。

また、ドッグランに入る前に柵の手前から中に居る犬に挨拶をすることをオススメします。中に居る犬にとってそこは縄張り。突然新参者が現れると、追い出そうとしてくることもあります。そうならないためにも、中の犬への挨拶を忘れないようにしましょう。
柵に近付くと犬が集まってくるので、そこで十分に挨拶をさせて、犬たちが吠えたりせず離れて行ったら大丈夫という合図なのでドッグランへ入りましょう。


いかがでしたでしょうか。沢山の犬がいるドッグラン、普段他の犬との交流が少ない現代の犬にとっては重要な社交の場です。他の子に合う事は愛犬にとっても良い刺激になりますし、なによりとても楽しいと思います。
マナーを守ればそれほど気の張る場所でもありません。まだ利用したことのない飼い主さんも是非トライしてみてくださいね!

この記事の著者

ayapon7

ayapon7ドッグライフアドバイザー

小学生の頃から犬と触れ合い、2匹の妊娠出産に立ち会ったりと、幼い頃から犬と共に育ってきました。現在はマンションで愛犬のウェルシュ・コーギー・ペンブローク「オリーブ」の子育てに奮闘中です。犬との生活の中で培ってきた知識や人から教えてもらった情報などを分かりやすく説明したり、皆さんに「なるほど!」と思ってもらえるような記事を執筆していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る