しつけ、お手入れ、健康管理、散歩の仕方の記事から、ペットフード、用品の 選び方などのお役立ち記事まで、ペットとの毎日がもっと楽しくなるような 情報を発信していきます。

ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア

ワンコと過ごすHappy Life!!
ワンコ(犬)のあらゆる情報が集まるペット専門メディア

ワンハピ 旅行・お出かけ

ペットホテルについて

投稿日:

今回は、ペットホテルについてお話させて頂きます。

最近は、ペットホテルが増えて来ており、利用された事がある方も沢山いらっしゃるでしょう。

ペットホテルとは、どんな所なのでしょうか?

いつでも頼めるご近所や親類が身近に居ない場合、旅行や急な出来事で外泊しなければならず、どうしても愛犬を同伴出来ない時に、預かってもらう場所なのですが、ただ単に、預けるだけではなく、色々なサービスがあるようです。

昔は、ゲージに入れて預かってくれるのが普通でしたが、フリーで預かってくれる所も増えているようです。

ワンちゃんにとって、大好きな飼い主と離れるのは不安で仕方ないものです、その心細い中、知らない場所で狭いゲージに入れられるのは、ストレスマックスのようで、食事が出来なくなったり、鳴きっぱなしになったり、酷い場合は体調を崩してしまう子もいるようです。

 

では、何処で預かってもらえるのでしょうか?

○動物病院

独りぼっちで置いていくのは、飼い主自身心苦しいし、不安ですが、いつもお世話になっている動物病院ならば、何かあっても安心して預けられますね。

○トリミングサロン

通いなれた、トリミングサロンならば、愛犬がなついているトリマーさんがいたりして、寂しさが紛れるかもしれないので、安心ですね。

○ペットショップ

愛犬が元々いたかもしれないお店ならば、里帰り的な気持ちになるかもしれないですし、動物に慣れた方々ばかりなので、安心出来るでしょう。

○ペットホテルに特化した施設

最近のペットホテルは、人間よりも至れり尽くせりのようで、広い個室に大きなベットやソファ、ゴージャスな食事に、マッサージやプール、セレブ気分のホテルで、家に帰りたくなくなってしまう不安がありますねえ。

○ペットシッター宅

普段から、ちょくちょくお世話になっているペットシッターさんが一緒ならば、飼い主との暫しの別れも我慢出来るかもしれませんね。

 

ペットホテルを行うには、保管の資格も必要のようですが、上記のように色々な施設で預かってくれるようです。

 

また、様々な施設が預かる事で、サービスも色々あるそうです。

○健康診断

先にも述べましたが、ワンちゃんはデリケートです。独りぼっちにされて寂しくて寂しくて・・ストレスからくる下痢や嘔吐、体調不良になったりもします。そんな時に健康診断を兼ねて体調を管理してもらえるのは、飼い主として安心出来ますよね。

また、普段は体調が悪いときしか病院に行かないかもしれませんが、この機会に普段気づかない体調の変化にも気づけるかもしれません。

○ドッグラン

いつもとは違った環境で、違ったワンちゃん友達と走り回ることも、楽しいかもしれませんね。

いつもは、家の中にいることが多く、他のワンちゃんとの関わりが無いような愛犬も、飼い主が居ない場所では、「引っ込み思案で、臆病だと思っていたけど、他のワンちゃんと遊べる!」なんて、新しい発見があるかもしれません。

○一日2回の散歩

ワンちゃんは、基本的に賢いので学ぶ動物です。

1度覚えた事は、ルーティーンになりやすいので、毎日2回お散歩しているならば、それが出来ないとストレスになり、吠えやすくなったり、気が荒くなったり、食欲が無くなったりと、不安定になってしまいます。

そんな時、自分が居なくても、いつものようにお散歩してもらえるのは有り難いし、安心ですよね。

○トリミング

トリミングも、いつもはお迎えの時間を気にしなければいけないけれど、預けるついでにやってもらえると嬉しいですね。

○しつけ教室

こんなサービスもあるようで、預けている間にシツケまでしてもらえたら、本当に助かりますよね。

○多頭割引

多頭飼いしている方には、嬉しいサービスです!

○連泊割引

旅行や帰省などで、何日間か預けなければならない場合に、助かりますね。

 

上記のサービスは、施設によりそれぞれ異なるようですので、事前に確認が必要です。

 

また、ワンちゃんの大きさによって料金も異なります。

平均的な金額は、一泊あたり・・・

小型犬 ¥3000

中型犬 ¥4000

大型犬 ¥5000

超大型犬 ¥6000

ただし、上記は平均であって、都内ではもっと掛かる所もあるでしょうし、地方ではもっと低額な所もあるでしょう。

そして、サービスやオプションも異なるので、確認しましょう。

 

また、基本的に食事は別料金で、自分で準備する必要があります。好き嫌いが多い子や、体重管理をしている子、病気の為に療養食を摂っている子は、いつも通りの食事を持参していきましょう。

また、いつも飲んでいる薬、大好きなベッドやクッション、ぬいぐるみなども持たせてあげると、不安を軽減させてあげられますね。

ワンちゃんは、群れで生活する動物で、大好きな家族や飼い主が居ない事で、とてつもない不安に教われるようで、うちの愛犬の場合、避妊手術の為に2拍3日入院したのですが・・・病院に迎えに行くと、なんかボロボロな感じでしがみついて来て、看護婦さんの説明によると「飲まず食わずで、排便もせず、黄色いヨダレが止まらなかったんです」とのことで、挙げ句、脱毛までしていて、なんてナイーブなんだろと、ビックリしました。

大切な愛犬を預けるのですから、出来るだけストレスが最小限で済むようなペットホテルを探してあげたいですね。

 

 

 

 

-ワンハピ, 旅行・お出かけ
-

Copyright© ワンハピ|ワンコ(犬)情報が集まるペット専門メディア , 2018 AllRights Reserved.