犬用シャンプーの界面活性剤について。

愛犬アリエルの飼い主ときどきAliel&C。代表…な感じの(笑)岡田麻衣子です。
みなさん知っているようで意外と奥の深い「界面活性剤」について今回はお話させて頂きますね。

シャンプー終了のアリエル。 ツルツルピカピカになりました。

シャンプー終了のアリエル。
ツルツルピカピカになりました。

【前回のお話…ノンシリコンシャンプーについて】
前回はノンシリコンシャンプーについてご説明しました。

犬のシャンプーを考える–ノンシリコンシャンプーとは

  • 犬の身体を洗うのにはシリコン入りシャンプーは適さない
  • シリコンが表皮を覆ったり毛穴を塞いでしまうことでトラブルに発展してしまう
  • 犬のシャンプーは「ボディソープ」でもあることをを忘れてはいけない

ということを書きました。
そしてシリコンが入っている理由は「刺激の強い界面活性剤を使っている→肌本来の成分も洗い流してしまう」から。
失ったものをカバーするためにシリコンを入れて「ツヤツヤ、サラサラ」な状態にしているということなのです。

【界面活性剤とは洗浄成分のことです】
前回のおさらいです。シャンプーの成分は多い順に以下のもので成り立っています。
(人間用という前提ですが、犬用も一緒です)

  • 界面活性剤(洗浄剤)
  • 保湿成分
  • 防腐剤
  • 香料
    (※その他必要に応じて美容、薬用成分が追加)

なぜ「洗浄成分」を「界面活性剤」と呼ぶのか。それはズバリ「界面を活性化」するから
水と油は普通にしているとまざりませんよね。分子のレベルで混ざることができないのです。
これを界面活性剤が、水分子と油分子の界面(境目です)に作用し、水と油が混ざることができるようにします。
(油汚れは洗剤を使えば水で洗い流せます。分かりやすい例ですよね)

界面活性剤のこの性質を利用して、

  • たまった皮脂等の油分
  • 汗等の水分
  • その他の汚れ

を混ざり合わせ、水とともに落とすのが洗浄となるので「界面活性剤」はとても重要なのです。

【界面活性剤の種類は何種類もあります】
界面活性剤がないとお肌の汚れをとることができないことが分かりました。
次に、界面活性剤にはどのようなものがあるかみてみましょう。

  • アミノ酸系
    アミノ酸由来の洗浄剤。胴部通の細胞の元となるアミノ酸なので皮膚との親和性が高くとてもマイルド。
    洗浄力は弱いです。
  • ベタイン系
    天然成分からつくられた洗浄剤です。刺激が低く、人間の頭髪やワンコの被毛に柔軟効果があります。
  • スルホコハク系
    アミノ酸系等よりは若干洗浄力が高く、泡立ちも多いです。刺激もそれほど高くありません。
  • 硫酸系
    洗浄力が高く、原価も安いために、市販のシャンプーにとても多く使われています。泡立ちも抜群。
    しかし、実は元々台所用洗剤にも使われている成分です。
    素手で洗い物をしていると手が荒れてしまうので、あとでハンドクリームを塗ったりしますよね。
    シャンプーも同様に、硫酸系を使うと髪と頭皮がパサパサになるため、シリコンを使っているのです。
    ※これが今では問題となり、大手シャンプーメーカーの高級品では硫酸系は使わない傾向にあります。
ノンシリコンシャンプーの写真

研究開発の成果です。
アリエルで実証済み!

肌に優しく柔軟効果の高いベタイン系を使っています。
アリールアンドシー:ノンシリコンシャンプー

【洗浄力ってどれくらい必要なの?】
「洗浄力が高いほどいい」と思ってる方、意外とたくさんいるのかな、と思います。
上記の「硫酸系」などはとても高い洗浄力を持っており、高音でたくさんの油を使う台所等を洗浄する時など、その力を発揮します。
だからといって、皮膚や被毛が「食器や鍋のように油汚れがあるか」?違いますよね。

ふだんの皮脂や、日常のお散歩の際についた汚れなどを洗い流し、キレイな状態を維持する。それが犬用シャンプーの役割です。

ただでさえ人間より薄い皮膚を持つ犬には、硫酸系での洗浄は肌に過酷なストレスを与えるだけなのです。
「じゃあ洗わなければいいの?」それも違います。
繊細なワンコのお肌。被毛にも守られていますがその分古い角質や皮脂は取り除かれにくいから洗った方がいいのです。

シャンプーが変わると、 愛犬も笑顔になります。

シャンプーが変わると、
愛犬も笑顔になります。

【被毛の長いアリエルのために。そしてみんなのために】
アリエルは「アメリカン・コッカース・パニエル」という犬種です。
犬と生活するHAPPY LIFE!!に登場したつくしくんと系統が一緒です(彼はイングリッシュ・コッカー・スパニエル)。
絹糸のように細く美しい、長い被毛が特徴で、ショードッグなどはその被毛をドレスのように身にまとっている子も。
もちろんアリエルもとても綺麗な漆黒の被毛に覆われています。
そしてこれを維持するのはとても大変で、様々なシャンプーを試みました。
シャンプーの種類ごとに、アリエルの被毛の状態は驚くほど変わりました。
シャンプーを買っては買い替え…の繰り返しです。被毛や肌が傷んでしまうシャンプー使い続けることができないから。
なかなか納得いくものに出会えず「自分で作ってみよう!」ということになったのです。
(シャンプーの開発ストーリーは改めてお話しますね!)

そして「アリエルのために…」という思いが「たくさんのワンコのために」になっていました。

ノンシリコンシャンプーの写真

研究開発の成果です。
アリエルで実証済み!

ベタイン系の洗浄成分を使ったシャンプーです。
アリールアンドシー:ノンシリコンシャンプー

【自分で開発したからオススメできるのです】
洗浄成分は、刺激が低く柔軟効果がある「ベタイン系」をセレクト。
被毛の潤いを失わないのでロングコートの子に最適なのはもちろん、スムースコートの子はトリートメントなしでOKです。
低刺激なので、お肌の弱い鼻ペチャ短頭種の子(フレンチ、パグなど)にも愛用頂いています。

すべての犬、そして飼い主さんの毎日の幸せのために。
ぜひ、アリールアンドシーのノンシリコンシャンプーをお試し下さいね。
アリールアンドシー:ノンシリコンシャンプー製品です

では、世界中のワンコがいっそう輝きますように!

-+-+-+-+-
※犬には個体差がありますので、すべての犬の皮膚に適合しているとは限りません。
※疾病を持つ犬、外傷のある犬は、必ず飼い主さんに医師の診断を仰ぐようにお願いして下さい。

この記事の著者

岡田麻衣子

岡田麻衣子アリールアンドシー代表

アパレルファッションデザイナー兼スタイリストとして活躍。2011年愛犬アリエルに出会いペット用品の企画・開発を開始。2013年ペット用ブランド Aliel&C。発売

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る